烏帽子岳・三国岳2017.5.14参加者: 隊長 うさぎ じんじん ssk syu utty   No.351

1.プロローグ

前日の雨で急遽業務が中止になり、山に行けることになった。小躍りしながらおにぎりを作り、ドリンクをザックに入れた。このパターンが多いのでいつも単独又は親子での山行という形になるが、今回は隊長が烏帽子・三国に取材に行くというので、交ぜてもらった。久しぶりに同行する仲間との交流は楽しく、ためになる話も多い。

    
7:50立田小横の駐車スペース
     
砂防ダムができています 後方は倶留尊山
       
林道奥の取り付き
     
細尾根の急登 汗だらだら
     
長楽寺からの道と合流
    
     
9:20倶留尊山
    
   
三国岳が見えます
    
    
烏帽子岳が近づきました
    
    
10:10烏帽子岳 標高865m
     
今日はあまり見えません 
       
三国岳まで縦走開始
     
鞍部から烏帽子岳を振り返ります
     
    
鉄塔越しに三国岳
     
遠ざかる烏帽子岳
       
      
近づく三国岳
       
12:10手前のブナ林で大休止
     
三国岳への急登 シャクナゲに勢いがあります
     
    
遙かなる霊仙岳
     
歩いてきた稜線と烏帽子岳
       
   
12:40三国岳到着 
     
 
御池岳と鈴北岳
       
    
三国岳の山頂標識
     
三国岳最高点894m ケルンを積みました
     
    
焼尾山の長い稜線
     
三国岳 どっしりした山容
       
    
咲き誇るシャクナゲ@焼尾山
     
烏帽子・三国のツーショット
     
    
大きな御池岳
     
絶景と涼風を楽しみます
       
    
烏帽子岳
     
14:20さあ下山
     
    
鉄塔から鞍掛峠の道(306号)を見下ろします
     
    
鞍掛峠
     
14:40無事下山
     

鞍掛峠の滋賀県側が崩壊しているので、306号はトンネル手前で通行止めとなっている。車の通過が少ないので駐車が路肩にはみ出しても支障はなさそうだが、走行を楽しむバイクには注意が必要だ。烏帽子~三国はトレイルに油分たっぷりの落ち葉が溜まり、結構難儀だったが、静かな山歩きを堪能できた。焼尾山はシャクナゲが咲き誇り、展望も良く、この季節のすばらしさをたっぷり味わうことができた。(完)