矢頭山2017.3.19参加者: syu utty   No.346

1.プロローグ

足が痛くてアクティブを楽しめず、ストレッチ三昧の日々を過ごしている間に雪が解け、「三重県の山・改訂版」の取材に打ち込める季節がやってきた。昨日に引き続き取材に出かけたのは矢頭山。標高は731mだが鋸歯状の稜線が神秘的な雰囲気を醸し出すタイトな山だ。

    
8:40 中宮神社
     
登山口 橋の手前を左折
       
不動滝
     
椿小屋
     
熊は捕獲しても山に放つとのこと
    
     

林道との合流点から50m先にある取り付き

    
   
急登をこなし小休止
    
    
そして再び急登が連続します
    
    
9:40大日拝展望台
     
慎重に細尾根を通過
       
急なアップダウンが続きます
     
最後は岩稜帯の急登
     
    
10:00矢頭山山頂到着
     
髯山
       
      
10:20下山開始
       
急降下の連続です
     
最後も階段の大下り
     
    
仁王峠
     
カモシカと遭遇
       
    
11:10無事下山
     

稜線は急なアップダウンが連続しまさに「鋸山」だった。低山だが周回に3時間弱かかった。山頂から仁王峠までは50分で下れるが、ほぼ急坂で路面がザレて滑りやすいので慎重に下った。11:10無事下山。(完)