入道ヶ岳2017.1.22参加者: syu utty   No.341

1.プロローグ

フルが2週間後に迫ってきたが足の具合が芳しくないので、30km走は諦め雪の入道に出かけた。最近の寒波が運んできた雪は、鈴鹿の峰々を神々しく輝かせているがその分登りは難儀しそうだ。予想通り井戸谷ルートは避難小屋を過ぎた4番ポイントあたりからトレースがなくなり、腰ラッセルのスノーワールドとなった。

    
鈴鹿の銀嶺
     
椿神社の参道
       
いきなりの雪道
     
堰堤も一面の雪
     
アイゼン装着
    
     
3番ポイント いい雰囲気です
    
  
   
登頂を諦め引き返してきた人とすれ違いました
    
    
さて どうしましょう?
    
    
行けるだけ行きましょう
     
積雪は2m近い感じ
       
ラッセルは交替で
     
雪が吹き溜まって動けません
     
    
どこまでも刺さるストック
     
ようやく笹の斜面に出ました 雪が浅いので楽ちんです
       
あっという間に登ってしまいました
     
井戸谷 下るのは少々怖いかも
     
    
11:30山頂到着
     
西側は重い色の冬景色
       
鎌・御在所は雪雲の中
     
伊勢平野 四日市方面
     
    
どん兵衛で暖まろう
     
風が強くめちゃ寒です
       
12:00もう下りましょう 鳩ヶ峰と野登山
     
雪の壁的な急斜面
     
    
まさにスキー場
     
雪に押さえつけられたアセビのトンネル 身をかがめて通過
       
二本松尾根は登り易そうです
     
13:00無事下山
     

13:00無事下山。登りは腰ラッセルがあったので3時間、下りはよく踏まれた二本松尾根で1時間だった。全身運動で汗をかいたが、ウインドブレーカーとダウン、ニット帽、二重手袋などで調節できた。ラッセルで登り切りアイゼン歩きを堪能できたので、思いつきのわりには会心の登山となった。(完)