~2008年山行記録

No.22
12月28日
雪と戯れようと出かけたが、胸までのラッセルに疲れ途中敗退
No.21
12月23日
おとといのリベンジで宮指路から入道へ周回
No20
12月21日
新穂高から見た笠ヶ岳を彷彿させる東海展望
No.19
12月14日
10年ぶりに登り、山頂直下の東屋でベテランハイカーの武勇伝を聞く
No.18
11月30日
出発が遅れたので池木屋山をあきらめ、桧塚奥峰をピストン
No.17
11月1日
易老岳でほぼ全ての登山者が光に向かうのを見てやはり光にする
No.16
10月13日
コースはやや長いが、大地獄・小地獄は難なくクリア
No.15
9月27~28日
甲斐駒山頂は360度の展望で八ヶ岳・北ア・中央アの連峰と富士山・御岳が全部見えた
No.14
9月13日
登山地図に「梯子・鎖の連続」と書いてある通り、険しくて長い周回であった
No.13
8月14~16日
雷鳥沢にテントを張り立山三山を周回し奥大日岳をピストン
No.12
8月8~12日
栂池から百花繚乱の白馬三山を周回 鑓温泉で極楽気分
No.11
7月28~8月1日
さわら島から入山し、5日間かけて千枚・荒川三山・赤石・聖を大周回
No.10
08年1月6日
アイゼンを装着し雪の斜面を飛ぶように下りる
No.9
08年1月1日
ホームグラウンドの入道ヶ岳に新年の登り初め
No.8
07年11月23~24日
初の雪山テント泊 おでんで暖まり東雨乞岳をピストン
No.7
07年8月10日
2回目なので、初日に一気に三俣まで行き、高天原と黒部五郎を制覇
No.6
07年8月3日
初の三俣エリア 鷲羽山頂のご来光と高天原温泉に感動
No.5
07年6月23日
西穂から間ノ岳へと続く稜線は険しく、眺めるだけで緊張
No.4
06年9月3日
折立から入山、薬師峠にテントを張り北ノ俣岳と薬師岳へ
No.3
8月9~13日
ルーツを訪ねる旅第2弾 二本松から一関へ
No.3
8月6~7日
梅雨明け10日の土日なのに、光小屋は適度な込み具合でテント場も空いていた
No.2
6月25日
百名山でアプローチが簡単そうな山 という理由で塩見をチョイス
No.1
3月27日
姉の門出を記念して兄弟3人で山歩き